撮影コーディネートとは何をする仕事なのか

テレビ、映画、CMなどの撮影は、スタジオだけでなく外で行うこともあります。
それがロケーション撮影いわゆるロケですが、企画にふさわしい場所を探してロケ地を決めて必要な準備を行うのが撮影コーディネートの仕事です。

撮影コーディネーターの仕事

具体的な流れを見ていくと、最初に代理店や制作会社から撮影コーディネートを請け負う会社やフリーランスに依頼が来ます。
担当となる撮影コーディネーターは、代理店・制作会社と打ち合わせを重ねて、企画に合わせたロケーションのイメージを明確にしていきます。
その後にイメージにあったロケ地を探すのですが、実績のある撮影コーディネート会社であれば、過去に調べた情報があるのでそれも活用できるので作業は効率的です。

いくつかの候補を見つけたらロケ地の下見をするロケハンを行う

それから、いくつかの候補を見つけたらロケ地の下見をするロケハンを行い、撮影をするアングルなどを確認していきます。
ロケハンの結果を受けて、候補地の中から最も良い場所を選定して最終候補地を決めます。
そこから、撮影スタッフを最終候補地に引き連れて再びロケハンを行います。
残念ながら最終候補地となれなかった場所にも、事前に話をしているので、お断りの電話を入れなければいけません。

ロケをする場所によっては撮影の許可が必要

そこから本格的に撮影の準備に入るのですが、ロケをする場所によっては撮影の許可が必要となり、その準備も撮影コーディネートの仕事です。
道路を使うときには警察に道路使用許可を取らなければいけませんし、公園では管理会社や役所の窓口に申請をします。
撮影に協力的でない相手だとなかなか許可をもらえないので、粘り強く交渉できる力が必要です。
無事に撮影許可をもらえたら、さらに近所の人への挨拶や撮影機材を運ぶ車を駐車する場所、当日に荷物を運び出す場所などの確認などやるべきことは多いです。

撮影中になにか問題が起きたときのフォローアップも

あとは撮影日当日に撮影コーディネーターが立ち会って問題が起きないかを確認し、終わったら後片付けをしてお世話になった関係者やお店にお礼を伝えに行きます。
撮影中になにか問題が起きたときには、フォローアップもやります。
なお、許可申請など雑務だけを撮影コーディネーターに任せる場合もあり、全てを任せる場合に比べて料金は安いです。

まとめ

ここまで撮影コーディネートにかかったロケハンや許可申請を出してもらうための菓子折り代などは、すべてクライアントが支払う必要経費に含まれます。
複数人の撮影コーディネーターが必要となる場合には、その人数に応じて料金が追加されます。
そういったことを理解した上で依頼しましょう。