麻雀初心者はまず守りを大事にしましょう

初心者が麻雀で勝つためには色々な方法が散見されますが、守りの重要さも大きなポイントとなるでしょう。

もちろん高い手役を目指して、大きく点数を獲得する事も勝ちに繋がるかも知れませんが、振り込みした時に奪われる点数もダメージとなります。

ツモ和了りの場合は他のメンバーも減点されますので、負け分は少なくなりますが直撃の振り込みは特に注意したい部分です。

ロンされるのを回避する事はまず、相手の和了り気配を察知する事が必要です。

リーチがかかった場合は一目瞭然ですが、ダマテンの場合もありますので、場の捨て牌を注意深く確認しながらプレイする事も大事でしょう。

初心者の段階では自分の手役ばかり気にしがちなので、相手が得点の高い役をテンパイしていても、うっかり振り込んでしまう事が多々あります。

通常の捨て牌は不要牌から切っていきますので、おおむね1や9などの端牌や「東」や「中」といった字牌という、役を作りにくい牌が並びます。

しかしこれ以外の中張り牌などが捨てられ始めたら、テンパイ気配という事にも繫がりますのである程度の警戒が望ましいです。

またポンやチーなどをしているプレイヤーはテンパイに近づきますが、見えている鳴き牌を把握してどんな役を作っているのかを予想すると良いでしょう。

ドラをポンしていたりチンイツなどの染め手が予想される場合は、高得点になりますのでさらなる注意が必要です。

麻雀は駆け引きがポイントとなりますが、相手の手役が高そうな時や自分の手が進まないような場合は、降りるという事も大事でしょう。

しかしながら毎回降りていては勝てませんので、自分がテンパイできそうな役の得点で判断するのも1つの方法です。

テンパイしていても点数の低い役であったり、和了りが期待できないような場合は降りを選択すると良いでしょう。

逆に高得点が見込めそうな手牌であれば、相手がテンパイ気配で多少危険であっても押す事が大事です。

リスクを伴っていてもリターンが期待できるのであれば、タイミングや得点状況などに応じて勝負を賭けておきましょう。

そして和了る見込みが無い時や、相手の役が高そうな時は降りる事になりますが、一切和了りを放棄する打ち方をベタ降りと言います。

確実に振り込まないように牌を捨てていくという方法で、安全牌を優先して切っていきます。

安全牌は相手の捨て牌と同じ物が「現物」と呼ばれ、振り込む心配が無い事が特徴です。

現物が手牌に無くなれば次の安全牌候補を切っていく事になりますが、相手がどんな役を和了ろうとしているかの判断が必要です。

なるべく筋となる物を切ったり、他のプレイヤーの捨て牌から予想される安全度が高い物を切る事が大事でしょう。

どのケースでも場の捨て牌に注意を払っておく事が重要で、ベタ降りまではしなくても気配によって安全度の高い物を切りながら自分の手役を進めていくという方法もあります。

麻雀は上級者ほど守りが上手だとも言われます。

攻めと守りのバランスを整えながら、場面に応じて対応していくのが上達の近道だと言えるかも知れません。