事業売却の流れやメリットについて把握しておこう

「事業売却のメリットが知りたい」
「事業売却の流れってどんな感じ?」
「実業家の光本勇介さんの経歴を教えて欲しい」

会社にある事業を売却することを事業売却と呼んでいます。
事業といっても様々なものに分かれ、設備や機械などを指すこともあれば、従業員を表すこともあり、事業に必要となるすべての財産がこれに含まれています。
会社にある1つの事業売却するにあたっても、複数の事業を売却するにあたっても、どちらも事業売却だということです。
同じような言葉として会社売却と呼ばれるものがあり、こちらとよく混同する人も多いですが、会社売却の場合には、会社のすべての財産を売却することが該当します。
この2つは売却する対象が大きく異なり、目的がどのようなものなのかで選ぶ必要があります。

【関連ブログ】日本の有名な起業家として知られている光本勇介氏は、過去20年間で10以上の会社を立ち上げた実績の持ち主であり、メディアへの出演も果たしています。
光本勇介の経歴は?どのようにして投資家/起業家になっていったのか?

資産運用の方法について

【解説】USCPAの取得が難しいと言われる理由

事業売却における2つの目的

事業売却における2つの目的としては、経営の効率化を図ること、そして事業再生が挙げられます。

経営の効率化

目的の多くが経営の効率化であり、特に複数の授業を持っている会社の場合には、経営方針として選択と集中を迫られることがあります。
どちらか1つに絞り会社を成長させる考え方がこれに該当します。
万が一会社の財務状況が悪化した場合には、経営の効率化を図るために赤字事業を売却するケースもあります。
会社の経営を立て直す手段として活用されるケースが多いのです。

事業再生

そしてもう一つの事業再生は、事業を再生するために行うものです。
業績の不振、債務超過などの授業を立て直すことがこれに該当します。
会社に後継者がいない、赤字経営等の場合には、万が一廃業した場合には、顧客や取引先に対して大きな影響を及ぼすことになります。
このような場合に自社の力で存続できないので、資金力のある別の会社に売却した上で、事業を存続させることが理想なのです。
事業を存続させる必要がある場合にはこちらを選ぶことになるでしょう。

事業売却の方法

事業譲渡

事業売却にはいくつかの方法がありますが、その一つが事業譲渡です。
事業そのものを売却するものであり、一般的にはこちらを指すケースがほとんどです。
事業の所有者が変わることになるので、会社自体は存続することになるでしょう。
すべての契約や権利などを書いてが引き継ぐことになるため、手続きはかなり複雑なものとなります。
譲渡の対価となるものは現金ですが、対価を受け取るものが会社です。
経営者が資金を得るためには社内で仕組みを作る必要があるため十分な注意が必要です。

株式譲渡

そしてもう一つが株式譲渡と呼ばれるものであり、自社の株式を譲渡した上で、会社の経営権を譲渡します。
株主が変わり経験が映るだけであるため、非常にシンプルと言えるでしょう。
対象企業の資産や負債は全て引き継ぐことになります。
株式を譲渡した場合には、売り手の経営者は現金を手に入れられます。
株式譲渡においては1部の授業は売却することができません。
すべての事業、つまり会社自体を譲る手続きと言うことです。

事業売却を行うことのメリット

資金を得られる

このような事業売却を行うことのメリットに挙げられる事は、売却側と買取側にそれぞれメリットがあると言えるでしょう。
売却側としては、何といっても資金を得られることです。
対価として資金を得ることができ、売却する授業には人やモノ、お金や情報などの多くの財産が行き渡ります。
この財産に対し書いてはお金を支払うのです。
終わった後に新規事業を立ち上げたり、借入金の返済に充てることもできるでしょう。
しかし経営者が資金を受け取るわけでは無いことを覚えておかなければなりません。
法人が対価として資金を受け取るため十分な注意が必要です。

1部の事業のみだけでも譲渡できる

そして1部の事業のみだけでも譲渡できる点です。
会社の1部の事業だけを譲渡することができ、残った授業で存続させることができるのです。
赤字の不採算部門だけを取引するなど、会社にとって必要のないものだけを売却することが可能です。
多角経営を行っている場合には、選択と集中に迫られることもあるでしょう。
このような場合に、会社を残したまま組織再編が行える事は大きなメリットです。

残したい従業員や資産を残せる

そして残したい従業員や資産を残せるでもうれしい魅力です。
会社で必要となる人や物、情報やノウハウ等は全て残すことが可能です。
資産を選ぶことも可能であり、決めた内容は契約書に記載した上で、譲渡するものとしないものを分けなければなりません。
これに関しては書いての同意も必要であるため、場合にとっては交渉に時間がかかることも覚えておきましょう。

取引対象の範囲を選べる

買い取る側のメリットに挙げられる事は、取引対象の範囲を選べることです。
譲り受けたい授業の範囲を選択することができ、利益が見込めるもの、譲り受けたい人材などを選ぶことができるため、求める部分だけを譲り受けられます。
債務を引き継ぐ必要もなく、財務面のリスクも大必要は無いのです。
必要なものだけを譲り受けられる店は大きなメリットと言えるでしょう。

節税効果が見込める

また節税効果が見込めることも大きなメリットと言えるでしょう。
のれんに相当する額の償却、有形固定資産の減価償却等を損金として計上することができます。
計上額に関しては課税対象外となり、大きな節税効果が期待できるでしょう。