【特集】マッチングアプリで相手を見つける方法とは

「Jメールって実際に出会えるの?」
「信頼できるマッチングアプリを探している」
「彼女が欲しくて悩んでいる」

Jメールなどマッチングアプリと言うものが存在しますが、これで彼女が彼氏を見つけた人は少なくありません。
その種類は様々ですが、数百から数千個あると言われています。
その中で大手企業のものも存在しており、業界では大きな所ならば安心して利用することができるかもしれません。

Jメールなどの老舗のマッチングアプリを利用する

基本的に、マッチングアプリの業界はなかなかシビアな部分があります。
この業界で10年以上続けている会社はかなり安定した会社と言われており、そこに加入をすれば間違いなく彼女や彼氏ができるわけではありませんが安定して続けることができます。
少なくとも優良な顧客が多いことが考えられ、変な人と出会う事はなくなるでしょう。
もちろんこの場合でも、自分自身にぴったりの人としか出会うことがないため、自分自身が異性から変な人だと思われている場合は自分の相手も変な人になってしまう可能性があります。
いずれにしても、しっかりと自分自身を磨きあげることが大事になるでしょう。

参考/Jメールとは?評判や特徴、料金や使い方などをご紹介

男女の比率のバランスが難しい

マッチングの会社に関しては、10年以上続けるのが難しい理由はいくつかあります。
まず1つ目は、男女の比率のバランスが難しいことです。
男女の比率に関しては、1番理想的なのは50対50になります。
この黄金比に関しては、多少崩れても問題ありませんがそれでも48と52位が良く、80と20といった数字になってしまうとやがてその会社はなくなるかもしれません。
そして実際に、ほとんどの会社がそのような状態に陥っており途中で消えていくわけです。
では男女のどちらが多くなるかと言えば、基本的に男性会員の方が多い傾向にあります。
最近は昔に比べて女性会員も増えてきているようですが、まだまだ男性会員の入会数が多く女性の参加者が少ない傾向にあるわけです。
男性には、性欲と言うものがありこれが女性の結婚したいと言う意欲や付き合いたいと言う意欲よりも強くなるわけです。
そうすると、性欲が男性を動かしているといっても言い過ぎではありません。

料金制度を改める

そのような、いかがわしい目的で登録している人ばかりではありませんが、やはり異性と付き合うと言う事は男性にとってはそれが目的の1つになるわけです。
そして誰もがそのような欲求を持っている以上は、登録する男性が増えるのも不思議ではありません。
そうするといつの間にか放っておけば男性ばかりになってしまい、女の人の存在がかなり薄まります。
男性ばかりになると、異性になかなか出会うことができないため次々と男性会員が辞めてしまう可能性があるわけです。
だからといって女性会員が増えるわけでもなく、結局人数が減っていきそのマッチングアプリは崩壊することになるでしょう。
そこで新たな方法として考え出されたのが、料金制度を改めると言うものです。
例えば1ヵ月あたり女性に対して2000円のお金を取り男性に対しても2000円のお金をとっていたとしているが、圧倒的にバランスが悪くなることが目に見えているわけです。
そこで男性からは毎月2000円のお金を取り、一方女性に対しては無料で提供するといったシステムにすれば、多少なりともそのバランスが良くなるはずです。
ただそれでもやはり難しい部分が多く、かなり信用されている所でなければ女の会員を増えていかないでしょう。

実際に登録するとした場合

では実際に登録するとした場合、どのような部分を見たら良いでしょうか。
まず、どれぐらいのカップルがいるかに関してです。
実際にカップルとして成立した人たちは、ホームページなどで書かれています。
成立した人数などを見るとそれなりに多いかもしれませんが、そこだけで判断するのは難しいかもしれません。
なぜなら分母の数がわからないからです。
例えば、小さな会社であまり会員数がいないけども1年間で100組の人が結ばれていたとするでしょう。
一方これに対して、大きな会社の場合は500組のカップルができていたとすれば、後者の方が人気があることがわかります。
ただ実際には、小さな会社のほうは会員数が2000人しかいなかった場合10人に1人が結ばれていることになるわけです。
それなりに高い可能性で結ばれることになるかもしれません。
一方大きな会社のほうは、1年間で500組のカップルができていたとしても、参加人数が100,000人ならばかなり分母が多いため確率的にも低いことがわかるわけです。
つまり単純にどれだけの人がカップルになったかどうかと言う数字をそれほど重要ではなく、会員数がどれだけいるのかと言う事と一緒に、成立しているカップルの数を見ていくことが大事になります。

まとめ

1つ付け加えると、カップル成立をする前に参加人数に関してですがこれは登録者人数として表されることが多いです。
登録者人数は、現在活動している人数とは異なり、活動しないけどもとりあえず登録してみた人もあるいは既に退会どうようになっている人も含まれているため、実際にはその10分の1も活動していませんので注意が必要になります。