ネットで本格麻雀が楽しめるDORA麻雀の特徴とメリット

ネットを中心に麻雀を提供しているDORA麻雀は、不特定多数の人と本格的なゲームを楽しめるのが特徴です。

本格的とはつまり、純粋な勝負以上に白熱したゲーム展開やリターンに期待できる、ベットありの麻雀ということです。

一般的に麻雀といえば、何かを賭けて勝負することは禁じられており、発覚すれば問題になると認識されています。

その認識は確かに正しいですし、実際に現金やそれに代わるものを賭けて麻雀を行えば問題に問われるでしょう。

しかし、DORA麻雀は海外でサービスが運営されていて、しかも正式なカジノライセンスを有していますから、問題なく真剣勝負を楽しむことができます。

参考→DORA麻雀のレート一覧

マン島政府が許可する国際ライセンスを保有しているので、少なくとも不公平感のあるゲームが提供される心配はないです。

一方では厳格な不正対策が行われており、不正が疑われたプレイヤーはアカウントが停止され、徹底的な調査の対象となります。

比較的軽い不正なら注意で済みますが、内容に応じて段階的に厳しい処罰が下されます。

勿論、ルールを守って楽しむ分には心配ありませんし、DORA麻雀で本気の勝負が味わえます。

サービスは既に提供開始から10年を迎えていて、日本人向けの日本語提供が行われていますから、今からでも安心して遊び始められるでしょう。

スマートフォンには今のところ非対応なので、必然的にパソコンが必要になるものの、WindowsかMacがあれば直ぐにでも参戦できます。

基本的にDORA麻雀はプレイヤー同士の対人戦が中心ですが、初心者はCPUを相手に練習可能となっています。

ルールを覚えたばかりの人や、麻雀の経験が浅く自信がない場合は、CPUと一緒に手順を再確認することをおすすめします。

DORA麻雀の機能や操作についても、CPU戦なら気兼ねなく自分のペースでチェック可能です。

基本を確認して対戦したくなればいよいよ本番ですが、少額でも賭けられるのがリアルな麻雀との決定的な違いです。

金額はゲームによりますが、10ドル前後から参加できるようになっているので、割とリーズナブルです。

DORA麻雀はトーナメント戦も注目のポイントで、通常よりも賞金額が大きく、白熱したゲーム展開を見せることが少なくないです。

参加者はツワモノ揃いですが、初心者も参加していますから、ビギナーズラックに期待して参戦してみるのもありでしょう。

実力だけでは勝負が決まらない、思わぬ展開を見せるのも麻雀の魅力なので、それほど経験の大小に拘ることは不要です。

むしろ、純粋に真剣勝負ができるのが良いところですから、相手が誰であっても自分なりに楽しむのがベストです。

ゲームの始め方は簡単で、公式サイトにアクセスしたら今直ぐプレイを選び、アカウントの登録画面に進みます。

各種のログインと顧客情報を入力して登録を行えば、無料のCPU対戦や賭け麻雀が始められます。

ルールは何時でも確認できますし、入金には各種のクレジットカードやカジノでお馴染みの電子決済サービスiWallet、ecoPayzの両対応なので便利です。

サポート体制は手厚く、日本語で何時でも問い合わせられるので安心です。