ベンチャー企業で活躍するためには

「ベンチャー企業に憧れている」
「ベンチャー企業でバリバリ活躍したい」
「ベンチャーサポートの長浜大社長ってどんな人?」

ベンチャー企業に憧れている人も多いですが、大学生でベンチャー企業に入る場合どのように活躍をしたら良いでしょうか。
基本的に、1年中仕事のことを考え常に会社に入れば社長も放っておかないでしょう。
それだけたくさんの仕事をしていると言うことであり、会社に命をかけている従業員ですので粗末に扱う事はありません。
ただ会社によっては、終わる時間が決まっており残業が一切許されていないようなところもあります。
そのような会社に勤務する場合には、無理をして残業してアピールをするよりも、素直に帰った方が良いでしょう。
そして残りの仕事は家で考えましょう。

ベンチャーサポート長浜大社長

資産運用の方法について

仕事を持ち帰ることができない場面

仕事を持ち帰ることができない場面もあるかもしれませんが、その場合には仕事の本などを家でじっくりと読むと良いです。
あるいは通勤に時間がかかる場合は、行き帰りに仕事の本を読み、そこから多くのことを学ぶことができるわけです。
結果的に、出世する可能性が出てくるでしょう。
従業員になった場合、社長によく思われようと考えなくても良いですが、しっかりと仕事をし結果を出していれば良い給料もらえることができます。
その点社長は比較的平等に考えている人が多く、見ていないようで見ているのが社長と言うものです。
もし何も見ていなかったとすれば、その会社で働き続けるのはやめたほうが良いでしょう。
やはり、社長としても少しでも会社を大きくしたいと考えており、少しでも利益を出したいために従業員を雇っていますので、その意味をしっかりと受け止め真摯に働くことが大事であります。

理不尽な会社はやめた方が良い

ただ、理不尽なこともあるかもしれません。
できれば理不尽な会社はやめた方が良いですが中にはそのようなことが起こることもあります。
例えば休日出勤などがこれに該当するかもしれません。
1週間仕事をして日曜日が休みじゃなければ、結局次の1週間も休みのない状態で働くことになるでしょう。
このときの心理状態は、今日は一体何曜日だかわからないような状態で、結構追い込まれてきます。
月曜日ぐらいはわかっていても、その後の曜日が認識できないなどの問題が生じるケースがあるかもしれません。
いつも1週間に1度休みがあるとすればその休みで一旦休憩をし、また月曜日から仕事が始まるため一定のサイクルができます。
ところが休みがなくなってしまうと、一定のサイクルが崩れてしまい曜日がわからなくなってしまう傾向があります。
曜日がわからなくなってしまうと、そろそろリーチがかかるかもしれません。
このような状態になると、非常に厄介なことになり大変疲れを残すことになります。

休みのない会社と言うのは従業員が足りていない

それでもやりたいならば続ける必要があるかもしれませんが、あまりそのような会社が良いとは限りません。
基本的に休みのない会社と言うのは、従業員が足りていないことを意味しておりそのままでは形が難しくなります。
ただ5年ぐらいすると従業員が休めるようになる位安定してくるケースもあります。
本当にその会社に骨を埋めたいならば、そこでずっと過ごすのが良いです。
ただ、最終的には独立したいならばエッセンスだけを学びとることも必要になるかもしれません。
経営者に近いところにいる人ならば、経営者がどのようなことを考えているのかあるいはどのような生活をしているのかを知ることができます。
そこには大きな壁があるかもしれませんが、その壁を壁と感じなくなった時その人はもはや1人の人間として会社経営をすることができるかもしれません。

とにかく営業能力をつけなければいけない

後は、ベンチャー企業を起こす場合あっても雇われればやっても、とにかく営業能力をつけなければいけないところです。
営業をしている人は別ですがまだ営業をしたことがない人は営業能力を身に付けることが必要になります。
最近は、飛び込み営業などをするよりもネットの広告を作りそこから収益を得るような仕組みを作ることもできるわけです。
もし自分が将来的に会社経営をする場合には、そのような仕組みを採用するのが良いでしょう。
この時ベースになるのが、その時勤務していた会社になります。
あまりにも大きな企業の場合には参考にならないことも多いですが、そうでなければどれぐらいのお金を使いいくらぐらいの収益を得ているかなどもわかるようになるわけです。
この点は、実際にやってみないとわからない部分があるかもしれませんが、実際に自分でやってみてその反応をつかむことが大事になります。
最初のうちは、うまくいかずお金ばかりを浪費してしまうかもしれません。
そうすると、経営が苦しくなる可能性があります。
しかしながら、長く続けていくことによりそれを避けることができる可能性もあるわけです。

まとめ

最初のうちはわからないことでも、何年かするうちにあの時はへたくそな経営をしていたけども今考えれば初心者だったと感じることもあり得るわけです。
自分が雇う場合には、自分が雇われていたときの気持ちを忘れてしまう可能性があります。
この時には従業員が辞めていくことになりますので、自分の経験を生かすことが大事でしょう。